montblancの好きなもの、見たこと、体験したこと。皆さんの何かのきっかけになれたらうれしいです!TB&コメント大歓迎★
by montblanc1201
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
うちのうー(click please!!)

写真BLOG:「montblancの小さなしあわせ。」
へもよろしければどうぞ!

BlogPeopleでリンクさせていただいているBLOG

カテゴリ
全体
zakka
本読み
ART
FUCHU
うどん
NYC
おかし
LOTUS
PHOTO
随筆
以前の記事
2010年 08月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
最新のトラックバック
コンラッド東京
from 高級ホテル宿泊記リンク集
素敵な家具を見つけました★
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
hanaさんの個展に行っ..
from mToTm's blog
ストレス攻略ガイド
from ストレス攻略ガイド
コンラッド東京:初宿泊(1)
from 宿泊でホテルを有意義に使おう
フォロー中のブログ
帰ってきたウルトラマま
気ままにミーハー
ひつじのつぶやき
色々カメラ写真日記
Chubb's Cham...
ビアン子
thinking of ...
e-fujicky[浪費...
リッチな毎日
今日らしい 今日で
街の風景 ~横浜・東京篇~
t r a v e l ...
New York Flo...
カメラ日和編集部日記 “...
ナカマサニッキ
tmy*radio
しましまと水玉とギンガム...
Evergreen C@fe
はむ便り
かわいいものをひたすらた...
H a P P y * ...
Powder Junkie
おいしい写真館
a little tas...
pinoko
くるくる-クル
Ton. チーバ蘇州
ESCAPE TO NA...
ライフログ
now reading・・・
my favorite
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Café de ROUROU!

以前BLOGでも紹介したことがあるはず・・・な私の大好きなブランドROUROU
このお店の今年の秋冬のファッションショーに行って来ました!

場所は横浜元町のダンスホール「クリフサイド」。
映画「Shall we ダンス?」の最後のシーンで使われたところ、
と言うとわかる人も多いでしょうか。

年2回のファッションショーももう何度か回数を重ねてきていますが、
毎回趣向を凝らしていて、行く方もいい意味でいつもドキドキ慣れない感じがして楽しいです。

ROUROUのファッションショーは、プレスや業界に向けて行っているのではないのです
(もちろんそういう目的もあるとは思いますが)。
一番はROUROUのお客さんへのご恩返し、とWEBなどでもスタッフの方々は書かれています。
なのでサービス精神いっぱいのショーになっています。

今回はコンセプトが「ROUROUがCaféを開いたら・・・」というもので、
中国茶(お湯を入れるとお花が開く!)に特注の和菓子をいただきながら開演を待ちました。
その中国茶のカップもANT SHOPという横浜の窯元のお店の特注の柄で、おみやげ。
イスの背もたれのカバーはバッグになっている!という、
そのアイディアと気持ちに驚かされるやらうれしいやら。
一応会費は払いますが、ぜんぜん足りてないと思います・・・。

さてショーですが、プロのモデルさんを間近で見るというのは、
何度見ても飽きることのない非日常空間です。
気付くと口開いてます、私。。。
ROUROUのデザイナーでモデル出身のMAKIさんご本人も出るし、
MAKIさんと仲良しの佐藤康恵ちゃん(ほんとに細くてかわいい!!!オーラがでてます)も今回も出演してました。
私も病気のせいでかなり痩せましたけど、肉の問題だけではないです。
つくりからして違います。まあ、比べること自体間違ってるんですが・・・。

さて、発表された作品の中から商品化されるものもあるので、
あーこれが商品になったら買っちゃうなあとか思いながら見てました。
去年の秋に東京コレクションに参加したときの2006年春夏でもそう思い、
結局たくさん買っちゃったので・・・。

その他にショーの楽しみと言えば、参加者の装い。
やっぱりROUROUの服を着てくる人が多くて、会場に向かう道すがら、
あーあの人も行くんだなあとかわかっちゃいます。
私も今回は何着て行こうかなあとか悩むのが楽しいです。
個人的には、上から下までROUROUじゃなくて、
手持ちのと組み合わせて着て行きたいなあと思っていたりします。

ショーの後は、忙しいながらもスタッフの方も少し余裕があるので、
知っている人とお話したり、一緒に写真撮ったりしました。
ここ1年は2店舗のうち、中華街店のほうにはほとんど行けなかったし、
その他の食事会とかのイベントにも行けなかったので、
かなり会うのは久しぶりだったけど、向こうも覚えてくれてるってとてもうれしい・・・。

私の場合、私自身はそんなに特徴もないのですが、母が立っているだけで目立ち、
記憶に残る人なので、セットで覚えてもらいやすいです。。
そんな母も喜んでいたのでよかったです。

せっかくなかなか行けない横浜まで行ったのですが、
また一週間普通に働けるようにセーブして、さくっと中華街でごはんを食べて帰りました。

ROUROUのみなさん、ありがとうございます。これからも応援しますよー(≧▽≦)

b0009553_23143830.jpg


開演前の会場の様子です★
[PR]
by montblanc1201 | 2006-06-27 23:16 | 随筆

居心地いいお部屋(≧▽≦)

ちょっと前の話ですが、会社の友達2人をおうちにご招待しました。
前の会社の友達と前日から準備・・・のはずが結局下準備しかできず、ほとんど当日の午前中にお料理したんですけど。

楽しかったです。幸せでした。
復職してから、当面は「まず毎朝通えるか」っていうところからはじまったわけだけど、
体力も気力もまだ足りないのに、気持ちは「何かやらせて!」って齟齬があって。
今はミッションうんぬんの時期じゃないんだよ、と言われて頭で理解しても、
この歳でみそっかすみたいな状態で通うのもけっこう辛かったです。

そんなときも、会社に行けば彼女たちがいるから!と思って朝がんばれた日も多いのです。
会社でもいろいろしゃべっていたのですが、違う場所でたくさん食べたり飲んだりしながら話をして笑いまくってほんとによかったです★

ちなみに作ったものは
・夏野菜の揚げ浸し
・麻婆豆腐(陳建一レシピ!)
・トンポーロー(友人作)
・ホタテとじゃがいもの炊き込みご飯(友人作)

あとはチーズとかのおつまみ。

デザートはリクエストさせてもらったプリン★
パティスリーマディのでした!!ううう、まぢうまかった!

すごいうれしかったのは、「居心地がいい~」と言ってもらえたこと。
先日前の会社の友達を呼んだときにも後輩にそう言ってもらえたのだけど、
以前は「おいしい」「楽しい」とは言われても「居心地がいい」っていうのははじめてな気がする。
荷物が多いもので、けっこう広い部屋に住んでいますが、
立地もわがまま言ったので、結果建物はわりと古いです。
でも「居心地」ってそういうところで決まるんじゃないんだなあ。
b0009553_5393052.jpg


こんな部屋です。ふとん見えてるけど(/ω\)
[PR]
by montblanc1201 | 2006-06-25 05:40 | 随筆

出社してまーす

ひとまずご報告です。
ご心配をおかけしました。

まだ微熱があったので、迷ったのですが、
寝すぎるのも疲れるし、会社の入っているビルには病院もあるので行ってみることに。
(あと、同時プリントに出している写真もできあがってる!っていうのが大きかったり・・・)

結局、風邪ではなくて、全般的に疲れてるんでしょう~みたいな診断でした。
処方された薬も胃腸薬系だけだったので。

出社したら、今日の午後健康診断だったことが発覚。明日だと思ってた!
午後だから、朝食は抜きにしなくてよかったのでセーフ。昨日お酒飲んでないし。

そういうわけで、今日はいつも以上にゆったり過ごさせていただきます。
[PR]
by montblanc1201 | 2006-06-14 11:19 | 随筆

熱出ました

復職して初めてお休みしてます。

日本戦観てて興奮して寝不足、ではありません。
私は1点入ったところまでしか知らなくて、起きて即「日本勝った?」と尋ねた非国民。
そんだけ寝たのに、何かだるくて、普段冷たい手足が熱いので測ったら熱がありました。

一応、今日は打ち合わせないし(課会はあったけど)、
まだ週の前半だし、明日以降のためにと思って休みました。
でも、別に私がいなくても誰も困らないんですけど・・・。
電話してもそういう感じだったんですけど・・・。おだいじにとも症状はとも何もいわれなかった。
朝から何かあったのかな。

ムリして会社行ってたら、たぶんばれて、やっぱまだまだだめじゃんと思われる。
休んでも、やっぱり今日はふんばりどき!というときに来れないんじゃないかという信用を得る道のりを少し遠ざけた気がする。
(これでも、自分の関与度の高い打ち合わせがあるかどうかは考えたんですけどね)

こんなこと言ってると↑
また言ってる自体でまだまだだといわれてしまう。
どーすればいいんでしょうか。

熱出た→休む→治る→出社(^o^) でいいのか。いいんだ、としよう。

・・・せっかく休んだのに頭使ってもったいないので、もう少しほうけます~。
明日からはまたすっきり会社に行きたい。

楽しかった日曜のことを書きたかったのに、先にこっちの話になっちゃいました。
[PR]
by montblanc1201 | 2006-06-13 09:53 | 随筆

Wiener Sängerknaben

火曜日の夜、父トシタケとサントリーホールで「ウィーン少年合唱団」のコンサートに行って来ました。
4月から日本各地で演奏旅行を続けてきたらしく、もうそろそろ終盤。
たいてい協賛企業が一日非公開で借り切って、お得意先をご招待したりするもので、
そのおこぼれにあずかって参りました。

トシタケの会社は新聞社なので、小さいときからこういうことでは割とおいしい思いをしてきました。
母ケイコは「こういう世界もあるのよ(でも私たちはすごいからじゃなくてお父さんの職種柄呼んでもらえるだけなのよ)」ということを伝えつつ、
マナーとかのしつけにはうまく使っていたような気がします。

こういうものは基本配偶者同伴なので、たいていはケイコが行くのですが、難解な現代音楽とかだったりすると、私におはちが回ってきます。笑
バレエやわかりやすいものだと回って来ない・・・。

でも今回は、前回のウィーン少年合唱団来日のときも行ったということと、
ケイコが日中地元できちきちに予定があったことと、
私が学生時代合唱をやっていたということで、私に打診が来ました。即レスしました★

サントリーホールは、舞台の裏も客席兼舞台になっています。
(私は学生時代所属していた団の創立50周年記念演奏会のとき、そこで歌いました)
使わないときも多いですが、今回はそこも含めて超満員。
私たちの席は舞台の真横で、パートに分かれた音楽を聴くという意味ではバランスは多少悪いけど、
ヨーロッパのオペラ劇場の桟敷席みたいでちょっとうれしかったです。

開演前やインターミッションでは、トシタケはどんどん人を見つけて、
名前で呼んで(これがすごいと思う)挨拶をしていきます。おお、営業活動中。
私はとりあえずその方が主催者なのか呼ばれてる同士なのかを判断して、
「本日はありがとうございます」か「お世話になっております」を後ろでごにょごにょ言って頭を下げています。

さて演奏ですが、実は私は映像でも彼らのコンサートというものを全くみたことがなかったのでいろいろ新鮮でした。
真ん中にピアノがあって、先生を囲んで歌う感じ。
先生はピアノを弾いているので、基本「指揮」はしない。

一曲が短いので、どんどんたくさん歌ってくれるのですが、
暗譜はまあできるとして、曲の順番を覚えていて、
次々と頭を切り替えて歌っていくのがすごいなあと思いました。

すごく、こわいくらい統率された「プロ」っぽい感じなのかと思いきや、
隣の子とにやにやしたり、はにかんだり、頭をかいたり、
何度もめがねをずり上げたり(意外とメガネ率高し)していて、
逆にほっとしました。

でも本当に歌はすごい。アカペラでもぜんぜん音が下がらないし、走ったりもしない。
アカペラだと指揮があってもどんどん早くなってしまいがちなのに、ほんとに脱帽です。
それになんと言っても歌うのが好きなんだというのがよくよく伝わってきました。
きっと練習は厳しく、舞台ではにこやかな先生も怖いんだろうけど。

あと、日本公演らしく、「浜辺の歌」を歌ってくれたのですが、
数人が前に出て楽譜を持って歌い始めました。
うーん、やっぱり日本語は難しいよね、呪文を丸暗記みたいなもんだよなあ・・・と思っていたら、
2番は譜をおとし、後ろの子たちも一緒に歌い始めました。
ドイツ語に翻訳バージョンかな?と思ったら、変わらず日本語でした。
1番の譜持ちって一体・・・。数人で歌うから保険かな。

やっぱり日本語の歌を歌ってくれると、うれしいけど違和感があるんだけど、
それは私たちがドイツ語やフランス語の歌を歌っていても同じようなものなのかなあ。
・・・と思うと少し複雑な気分。

終演後は、少年たちと記念写真を撮ってその場でプリントというサービスもあり、
(さすがカメラもプリンタもつくっている会社。うまい!)
持参のカメラでも撮影OKとのことだったので、少年たちだけでなく、
さりげなくサントリーホールのロビーのシャンデリアとか撮ってきちゃいました★
(競合メーカーのカメラだったのでやや緊張。笑)

そのあと隣接の全日空ホテルのシャンパンバーで軽く飲み食いして帰ってきました。

トシタケは、見た目はともかくとして(?)、振る舞いはとても紳士的。
お店でもそうだし、帰りは車で私を家の近くでおろして、
「おうちに入ったら電話してね。そうしたら発車するからね」と言うのです。
もう30なんですが・・・。

あと、「女性はパートナーのためにもいつまでもキレイでいなくちゃだめだよ」とも言ってました。
バツイチですが・・・、心に留めておきます。笑
私も思春期には人並みに父が何となくイヤって時期がありましたが、今は大好きです★

そういえば、プログラムに少年たちの紹介とアンケートがのっていたのですが、
「日本で行ってみたい所は?」との問いに対し、かなりの少年たちが「皇居」と答えていました。
ドイツでは皇居の映像を見る機会が多いのだろうか?そんなに真っ先に挙げるほどに・・・。
さすがに「サムライ」「チョンマゲ」とか書いている子はいなかったです。
それよりはテクノロジーが発達した国、とかそういう印象のよう。
でも中には「豊かな文化をもつ国」と書いている子もいて、ちょっとうれしかったです。
[PR]
by montblanc1201 | 2006-06-08 21:22 | ART