montblancの好きなもの、見たこと、体験したこと。皆さんの何かのきっかけになれたらうれしいです!TB&コメント大歓迎★
by montblanc1201
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
うちのうー(click please!!)

写真BLOG:「montblancの小さなしあわせ。」
へもよろしければどうぞ!

BlogPeopleでリンクさせていただいているBLOG

カテゴリ
全体
zakka
本読み
ART
FUCHU
うどん
NYC
おかし
LOTUS
PHOTO
随筆
以前の記事
2010年 08月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
最新のトラックバック
コンラッド東京
from 高級ホテル宿泊記リンク集
素敵な家具を見つけました★
from ● ほんとの「豊かな生活」を..
hanaさんの個展に行っ..
from mToTm's blog
ストレス攻略ガイド
from ストレス攻略ガイド
コンラッド東京:初宿泊(1)
from 宿泊でホテルを有意義に使おう
フォロー中のブログ
帰ってきたウルトラマま
気ままにミーハー
ひつじのつぶやき
色々カメラ写真日記
Chubb's Cham...
ビアン子
thinking of ...
e-fujicky[浪費...
リッチな毎日
今日らしい 今日で
街の風景 ~横浜・東京篇~
t r a v e l ...
New York Flo...
カメラ日和編集部日記 “...
ナカマサニッキ
tmy*radio
しましまと水玉とギンガム...
Evergreen C@fe
はむ便り
かわいいものをひたすらた...
H a P P y * ...
Powder Junkie
おいしい写真館
a little tas...
pinoko
くるくる-クル
Ton. チーバ蘇州
ESCAPE TO NA...
ライフログ
now reading・・・
my favorite
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

コンラッドに泊っちゃったの★

※今回はいつも以上におばかかつ長いので、適当に読み飛ばしてください・・・。

先週の土日、汐留のホテル「コンラッド東京」に友達と泊まりました。

私の会社では、部署ごとの去年の各期の業績に応じてインセンティブがもらえるんだけど、
ちょっとユニークで、ある期間までに社員4人以上と1泊以上の旅行をしないと半額返さないといけないのです。
そのお金を使って、リフレッシュと社内のコミュニケーションをはかりましょうね、という意図なのでしょう。

私はといえば、実はもう支払われたときに休職していたので給与の支払いがなくて、
税金とかだけ引かれてたので、そのインセンティブがほとんど相殺されて、
実質数千円しかもらえてなかったりする。笑

これで旅行に行かなかったら、感覚的には返金じゃなくて自腹で会社に「納入」している感じじゃん!
どこ行くにしても数千円ならかなり自腹で足さないといけないけど、「納入」よりはどこかに行きたい!
そもそもどこかに会社の誰かと旅行したい!

と思っていたら、2週間くらい前に復職したからとランチした同期入社のYに、
「コンラッドで女子だけでエグゼクティブフロアに泊まって、
ひたすらマンガ読むっていうのやるけど、来る?」と誘われ、
「行く~~~!!」と即答。

そんなわけで、持ち込み担当の「のだめカンタービレ」全14巻+企画本+企画CDと
「働きマン」全2巻を詰め込み、汐留へGO!

通常の28階のフロントやロビーでもどきどきなのに、
エグゼクティブフロアはチェックイン/アウトも別フロアのラウンジでしてくれるということで、
さらにエレベータを乗り継いで37階へ。

そのラウンジで他のメンバーと合流して、しばらくそこでお茶を飲んだり、
自由にお菓子をつまんだりして、いざお部屋へご案内~。

いやー、すごい!
広い!バスルームが、いかにもな白いバスタブでしかもガラス張りでベッドルームから見えちゃってます。
b0009553_20304272.jpg

もちろんシャワーは別だし、洗面台も2つあるし、何でも電動だし、
テレビは超大きなプラズマで音もすごいし。

お部屋の雰囲気は(ホテル全体がかな)、和とモダンの融合という感じです。
とりあえず、部屋を使う前に写真を撮りまくる私。

さらにもう一人到着ということで、彼女の希望でまたラウンジに行っちゃいました。
びっくりしたのは、ラウンジに入ったときに「おかえりなさいませ、○○様」と名前を呼ばれたこと。
すごい、覚えてる!!

そしたらカクテルタイムになっていて、シャンパンやワイン、ビールとか好きなものが飲めるし、
軽食もさっきよりごはんぽくなってるし。
そのお一人は、あまり面識ないけど同い年で同郷だ、
というのは社内報別冊の全社員の自己紹介本で見ていたので、そんな話をしようと思ってました。
でも同じ市出身といっても、その市はめちゃめちゃ広いし、お互い地名がわかるかどうか程度のつもりだったんだけど。

何と、同じ高校の同期でした・・・。共通の知り合い、その後の消息、いろいろ出てきました。
「世間は狭い」って使い古された言葉だけど、ここまで実感したことはあんまりなかったな~。

部屋に戻って、夕食まで本来の目的どおりマンガタイム。
プラズマテレビでは「ケロロ軍曹」のDVDが、すばらしい音で部屋を包み込んでました。

夕食はカレッタ汐留の和食ダイニングの「女子コース」を堪能。
でもせっかくだからホテルも堪能したい~ということで、28階のラウンジでもまた飲んで。
ここ数ヶ月お酒は控え気味だったので、それを考えるとかなりの量だったと思うけど、
「コンラッドに泊まってる」効果で体にはあまりダメージがなかったのがすごいなあ。

お部屋に戻ってからは、せっかくならバスルームのガラス張りはブラインドを開け放して入りたいよね!
ってことで相手がお風呂に入っているときは、友達のお部屋に行ってマンガ読んでました。

バスルームにあった「アヒルちゃん」がどうやっても右にコケてしまうのが残念でしたが、
さすがにそれをフロントに言うのもどうかと思ってあきらめました。

そして3つの枕にどう沈んでいいものか~などと思ったり、友達と恋バナ(死語)してるうちに就寝。
朝9時前まで熟睡できちゃいました。
途中でトイレに起きても、またベッドに戻ると快適ですぐ寝れちゃった。

朝食も専用ラウンジで食べて、
12時のチェックアウトぎりぎりまで部屋でまたマンガ。
今度のBGMは私持参の「のだめカンタービレ」で使われたクラシックを集めたCDを聞きながら、
かなり優雅にYが持ってきた「サプリ」というマンガを読んでました★

チェックアウトもラウンジで、チェックアウトしたあとも追い出されるでもなく、
「何かお飲みになりますか?」と聞かれて、
え、じゃあ紅茶を・・・みたいな感じで結局1時くらいまで滞在しちゃいました。

うーん、堪能!
ありがとう、会社!わたしももう少ししたらもうちょっと貢献するよ・・・。

ホテルを出たら、私二日酔いかも・・・と初めて頭痛に気付いたくらい興奮してたmontblancなのでした。笑
[PR]
by montblanc1201 | 2006-05-30 20:36 | 随筆

9年ぶりショートカット

昨日、急に思い立ってショートカットにしました。
といっても、ベリーショートではなく、一番長いところは肩についています。

復職したら、いつも親切な受付のお姉さんがサラサラショートにしててさらに洗練された感じになってたり(もともと美人さんなのですが)、
たまーに似てるといわれる綾瀬はるか(ポカリスエットのCMの子)もショートにしたしな、とか。
そういうミーハーな理由もあったのですが。

常に何かすっきりさせたいという思いはあり、
そういえば「髪を切る」という超古典的なスッキリ法があったじゃんと急に気付いたのでした。

考えてみたら、以前ショートにしたのは、就職活動のとき。
少し元気にさばさばに見えるかなと一応考えたのだ、と思う。最初代理店希望だったし。笑
それ以外は、ショートにしたことはありません。

今の美容師さんにお願いするようになったのは、社会人一年目なので、
彼にショートにしてもらったことがない!というのにも気付いて、
そうしたらもう切りたくて仕方なくなってしまいました。
けっこう伸びるの早いし(エロいのでしょうか?でも「女の子は逆」説もあるよね)、
似合わないくてもすぐ伸びるからいいやと思いました。
約一年後にアップできるようになっていればいいんです。
漠然とした理由なんですけど。

初めて「ショートにしたい」といったので、美容師さんは「ほんとっすか?」と驚いていたけど、
「夏になるし、いいかもしれませんね~」ということで、軽く段も入れてもらってすっきりしたスタイルにしてもらいました。
いざ切ってしまうと、もっともっとばっさりいってもよかったかしら、とか思ってしまいました。

私は、髪をアップにしてることが多く、ラインストーンがたくさんついたコームを30個近く持ってるのですが、それもしばらくは出番なしです┓(´_`)┏
でも伸びるのホント早いからな~。
[PR]
by montblanc1201 | 2006-05-26 22:27 | 随筆

パワーポインターふたたび

今日から実働6時間。
簡単な企画書、というほどのものでもないけどその手の書類を作りました。
久々にパワーポイントを使いました。
前職では開かなかった日はなかった、大好きなパワーポイント。
ネタにMOUS(Microsoft Office User Specialist/今は名称かわってます)のパワポ上級(上級しかない)を自腹でとったりして。

企画書をわかりやすく、きれいに作れるのは才能じゃない。
スキルです。
スキルだけを先に習得してしまった私は、けっこう褒められたりもしたけれど、
その中身が生き生きしてない、納得してないことの齟齬がどんどん大きくなりました。
(携わっていたビジネス自体を否定しているわけではありません。必要性がある、将来性も高いと思っているのにモチベーションがあがらない自分がつらかった)

「オリジナリティ」「何に才能があるんだろう?」
ということばかりを考えてました。

結論として、全く違う業界・職種に転職しました。

転職してついた職種は、少なくとも前よりは自分の才能が活きている気がしました。
でもそれだけでは続かないこともわかりました。
才能と、スキル(処理能力とか、推進力とか?)と性格。
バランスが取れると一番いいんだろうなあ。

今は、この会社で働いていきたいけど、すぐにその職種に戻ることに固執していません。
今日の資料作りも、とっても楽しかった。
楽しかったけど、自分の会社のために何かやろうという提案をするのは、責任も重いことなんだなあと感じました。
どの仕事もそれなりにストレスがあるにきまってます。
まあ、想像していても取り越し苦労することが多いので、できるところまでやろう。
[PR]
by montblanc1201 | 2006-05-23 01:38 | 随筆

クレペリン曲線を信じる

「クレペリン検査」ってやったことありますか?
今は名前が違うんだけど。適性検査のひとつです。

数字がだーっと並んだシートがあって、
左からひたすら、2つの数字を足した1の位の数字を書き込んで右に進みます。
1分たったら、まだその行をやり残していても次の行の左から。
というふうに何分かやって、一度休憩。
再開して、また同じようにひたすら計算して終了。

私は、新卒の就職活動のとき、某印刷会社で1回だけやったことがあります。
やりおわって、それぞれの1分でどこまでできたかをつないでいくと曲線ができます。
その曲線の出方を解析するらしいのですが、もちろん結果は教えてもらえませんでした。
その会社に行かなかったし。仮に行っても教えてもらえないだろうけど。
なかなかしんどい検査です。
しかも、これで何がわかるのか、どう判断されるのかわからない怖さ・・・。
適性検査って不安をあおりますよねえ。

なぜそんな検査のことを急に書いたかというと、
おととい産業医の面談のときに、先生が「クレペリン検査って知ってる?」
とメモを出しながら曲線をかいてくれたのです。

計算することになれてくると、1分でできる量が増える、
でも徐々に疲れて短くなってくる。
休憩を挟むと、スタートはそれほど伸びないけど、
また慣れてきてできる量は休憩前の一番できたころよりも高いところまで伸びていく・・・
というのが一般的なパターンだそうです。
私がうけたのはもう9年前だけど、たしかにそんな曲線になった気がする。

つまりは、復職直後の私にあてはめてくれたお話なのでした。
クレペリン検査では、打算的に曲線を操作してつくろうとはできません。
自然な自分の心の状態、能力の伸び方。スタミナのつき方があらわれる。
だから、焦ったり深く考えすぎたりせずに、
通い始められたなら基本大丈夫だと気楽に思ったほうがいいよ、と。

すごく、納得(単純)。

そういうわけで、来週からは予定通り2時間伸びて実働6時間です★

今、産業医さんも主治医さんもすごく信頼できる状態。相性が合う、というと偉そうですが。
自分に都合のいいことを言ってくれる、とかそういうことではありません。
けっこう厳しいことも言われるし・・・。
特に産業医さんは自分では選べないから、ラッキーなことです。
[PR]
by montblanc1201 | 2006-05-19 05:51 | 随筆

カンパネラ復活

14:30退社にしてもらっているので、一日が長く使えます。
休んでいたときよりも時間がある感じがします。
朝行ってしまえば、ですが。

で、今日帰ってきたら、昨日買った「カンパネラ」がしおれてる!
カンパネラって「鐘」って意味ですが、お花が下向いてまさに「鐘」┓(´_`)┏

・・・一輪挿しの水が届いてなかったみたい~。

ちょうど通勤のお供に花活けの本を持っていて、
1本にたわわに花がついているのは「スプレー咲き」ということ、
それを数本に切って活ける方法が出ていたので、
同じように切って分けて、とりあえず小瓶3つに挿しました。

夜には鐘は上を向きました。
うーん、ひとまずこのままでいいかな。
b0009553_23434836.jpg

[PR]
by montblanc1201 | 2006-05-16 23:46 | 随筆

「花は包んで持って帰るもんだよ!」

休職中におぼえたことの一つ。
お花を部屋に飾ることの楽しさです。
その前も、お花をいただけばうれしくて、
自分なりに考えてきれいに飾ろうとはしていましたが。

結局花活けのレッスンは休職中1回しか行かなかったけど、
そこで教わったとても単純だけど知らなかった工夫と楽しさのおかげで、
自ら買ってきてみたりするようになったわけです。

通っている病院の受付のおじさんに教えてもらった花活けの本も参考になります。

でもまだ水が濁ってきたり(濁る前に換えろよという感じですが)、
しぼんでしまったお花を処分したりするのはちょっと苦手です・・・。

私のうちは古くからの商店街からちょっと入ったところにあるのですが、
うちから商店街に出たところにまずあるのがお花屋さんです。

一時期は1本しか買わないとおっちゃんの機嫌が悪い・・・と萎縮していたのですが、
そもそもこっちが客なんだからと友達や母ケイコに言われ、今日も1本買いました。

「カンパネラ」というお花でした。
1本だけど、束から1本にしてもらったら、長い茎に10センチも満たない間隔で大きなホタルブクロを上向きにしたような、大きいけれど繊細そうなお花がたくさんついていました。

帰ったら(徒歩1分)即活けるつもりだったので、
「そのままでいいです」と言ったら、

「花は包んで持って帰るもんだよ!」と一蹴。

もしかしておっちゃんのプロ意識を傷つけてしまった?
でも確かに、本屋さんで「すぐ(お店を)出るので袋いりません(本屋さんの袋はたいてい活用できないで捨ててしまうので)」というのとお花は違うかしら。

まあ、包むといっても白い紙でくるくるしてテープで留めるだけなんですけどね。
素直に「そうですね。すいません~」といって帰ってきました。

お花は思ってた以上にたわわについていたので、
2,3本小さく活けるように下のほうをカットして別で活けて、
残りはそのまま一輪挿しに。
でも、華奢な一輪挿しからたくましくのびすぎてる・・・。
明日ちょっと考え直そう。


今日のお花屋の一件でふと思ったのですが、
おっちゃんの物言いは怒っているわけではなく、そういうキャラなんですね。
まだ商店街でも行ったことがないお店が多いし、行く機会がないであろうお店も多いけど、
コミュニケーションが良くも悪くも近くてオブラートに包まれていないのです。

で、私はそういうところに住んだことがなかったのでした。
自分である程度好きに動いて買い物できるようになった頃には新興住宅地に落ち着いていたし、
もうその歳になると買い物するならその近所か新宿・渋谷に出れちゃったんだよねー。

だからこそ古くて「路地」のある街に住んでみたいと自らえらんでここに引っ越したんだった、と思い出しました。

この前、夕方に近くの文具屋さんへ「ゆうパック」を出しに行きました。
たまにはこっちから母ケイコに荷物を送ってみようと思って、
最近よく作っているパウンドケーキや好きで多めに買ったお茶や、こないだ実家で撮った写真などなど。
「中身が食品なんです」と言ったら郵便局に電話をかけて、
今日中に集荷に来るように頼んでくれました(もう既に今日は一度集荷に来てたらしい)。

写真屋さんにちょこっと質問というか相談をしたら、
プリントの紙の種類が減っているという銀塩写真業界衰退の危機にまで話が及ぶほどいろいろ教えてくれました。

というわけで、ぶしつけな物言いにいちいちドキドキせず、
好意には甘えて、古き良き商店街ライフを楽しもうと思ったのでした。

カンパネラの写真は、満足いくように活けられたらアップします★
[PR]
by montblanc1201 | 2006-05-16 03:38 | 随筆

一週間通えた(≧▽≦)

そんな単純なことが、こんなにうれしいことだとは思わなかったです。
月曜から復職して、金曜日まで終了。

短縮勤務でお仕事らしきお仕事もしてないけど、
融通がきかないようで慣れてしまうのも早いので、
先月の生活が結構昔のように感じてしまいます。
かといって、休職前と後にはきちんと何か「境目」がある気はしますが。

毎日お昼をしっかり食べました。
いろんな人と話したいことが積もっています。
とは言えみんな忙しいので、
ネットでスケジュールを見て予約を入れたりしています。

今日は打合せが12時に食い込んで、
ちょっと明日の待ちに待ったお休みに備えた調べものもしたかったので、
前は毎日のように食べていたお茶漬け弁当を買ってきました★

水曜日はともだちと大人気の四川料理のお店で看板メニューのタンタンメンを食べました。
何か食べ物で復職を実感してるかも・・・。笑
b0009553_20294565.jpg

[PR]
by montblanc1201 | 2006-05-12 20:30 | 随筆

二日目終了。

復職して、二日間通いました。

・早寝早起き
・着てく服を決めてから寝る
・朝は余裕をもってきちんと身支度をする

ってことが、とりあえず今、毎朝ストレスなく行くのに大切だなと思いました。

実働4時間で14時30分には退社しなければなりません。
考えてみれば、今まで自分の中で目標退社時間を設定し、
その時間にあがれるように努力するという思考がなかったと気付きました。
飲み会とかならがんばって調整するけど。

だから、出社時刻も退社時刻も厳守というのは、
負荷軽減のためでもあるのだけど、タイムマネジメントの超初歩の訓練でもあるんですね。
30歳にもなって恥ずかしいことですが・・・。

実働四時間に対して、任せられている業務量は恐ろしく少ないので、
自分でいろいろ考えながら過ごしています。

昨日は苗字変更の申請とか、PCつなげたりとかしてたけど、
今日はそういうのも一段落ついたので、
大量の書類の処分をしました。
休職前からもうとっくに不要になっていたものばかり。
不要になったものもたくさん抱えておぼれていたんだなあと
書類をえんえんシュレッダーにかけながら思ってました。

あとは徐々にあいさつまわり。
どんどん人が増えているので、休職中にいらした方などに突撃自己紹介。
休職前に励ましてくれた知り合いのお席へ復職のあいさつ。

そういえば転職して配属直後、
部全員のひとりひとりにあいさつに行きました。
あれは人見知りの私には最初の試練だったなー。
座席表持ちながら、片っ端から30人くらいに自己紹介。
次に声にかける人に聞こえてるよ!って感じだし、じゃあ話す内容変えようかなとか思ったり。
席外してたりするとあらためてその人だけにあいさつしてるのが回りに聞こえてるんだろうなあみたいなのが気になったり(意識過剰?)。
ちょっと応用して、雲の上のような感じがした本部長(超イケメン)にあいさつ。
それでちょくちょくお話できるようになり、初決定を報告しに行ったり、
体調崩してからも自ら時間を作ってアドバイスをくださったり、
ずいぶんお世話になりました。

あの試練(?)のおかげで自分からあいさつしにいくことに慣れました。
近くに面識をもたないままの人がいるほうが気持ち悪くなって、
そんなら行っちゃえ!みたいになれたので。
転職・異動の方、環境にもよると思いますが、おすすめです。

あとは、お昼はしっかり休めるので、今のうちにいろんな人とランチに行こうと思います★

楽しいことばかり書きましたが、
GW中は毎晩復職のことを考えて過呼吸でした
(前回の日記の通り、薬が合わなかったせいもあるんだけど)。
でも「とにかく行っちゃえば漠然としてる不安はなくなるよ」と励まし続けてくれた友達、
出社後最初に手続きで立ち寄ったフロアで再会できた桃蔵ちゃん、
初日のお昼に声をかけてくれたきまにゃんなどなどに救われて、
「とりあえず通える!」ってモードになりました。

友達のありがたみを今まで以上に感じてます。
もっと素直に楽しく生きていける気がします。

今日は14時30分に退社後、即銀座のヨガスタジオに向かって15時からヨガやりました。
でも夕方には帰宅して、今はもう寝るだけになっているので、明日もがんばれそうです★
[PR]
by montblanc1201 | 2006-05-09 20:32 | 随筆

GW終わっちゃう!復職秒読み

夕方からずっとJ-WAVEを聞いていますが、
どの番組も「GW終わっちゃいますね~」ということばではじまってます。

今年のGWは、社会人になってから一番ありがたみが薄かった。
3月からずっと休んでいたので、「休み~!」とか思わないし。
でも、まわりの人々がお休みなので、結果的に充実してましたが。

前半はBLOGに書いたように桃蔵ちゃんとのコンサートからはじまり、
会社で復職に向けての打ち合わせ(弊社は労組がないので1日も営業日でした)、
友達と一泊で旅行。

後半は、復職に向けて調整しようと思っていたので、
毎日家でヨガをしたり、部屋を片付けたり、
そして5ヶ月ぶりに実家に帰りました。
1時間で帰れるのに、休職中一度も帰ってませんでした。
なかなか暖かくならないので、両親に用事があるときは電話で済ませたり、
都内で会ったりしてました。
ようやく暖かくなったのと、大事な話があったのと、
来週の母の日には帰れないので早めにプレゼントを渡しに帰りました。

復職が近づくにつれて夜布団に入るといろいろ考えてしまって、
ドキドキしてしまうことが増えました。
・・・というお話を主治医さんにしたら、薬が一種類増えました。
深く考えずに眠りに入りやすく、かつ深く眠れるからって言われて。

この薬が、何か合わなかった(/ω\)
今まで「眠れない」という悩みをもったことがなく、
眠れないならやりたいことやろーって宵っ張りでした。
「あいつは寝なくて大丈夫だから」というのは前職の同期や先輩には有名な話で・・・。

薬で強制的に眠らせられるということに変に抵抗してしまい
(ここらへんが性格的に不器用)、
目が開かないくらいなのに眠れないし、
胃腸は異物が増えて荒れてくるし、その状況に緊張するし、
結局復職したらどうなのかしらって考えちゃうしで毎晩苦しみました。

「もう明日は飲むのやめよう」と思いつつ、
やっぱりなるべく処方は守りたいなあという気持ちもあり、
「実家で飲むなら大丈夫かも」と思って飲んだのですが、やっぱりだめでした。

というわけで、明日から復職の今晩はぜったい飲みません!
・・・ようやく学習。

とにかく一週間楽しみでもあり、不安でもあり。
でもやってみないとわからないので、今考えるのはやめにして・・・


プリン食べます★←大好物。一日平均2個消費中。
[PR]
by montblanc1201 | 2006-05-07 23:08 | 随筆

シンフォニア・ズブロッカ

ちょいさかのぼりますが、
GW初日のみどりの日、友達とオーケストラのコンサートに出かけました。

誘ってくれたのは、今の会社の友達で職種・所属は仕事では絡み得ないのですが、ひょんなことで休職直前に知り合って、意気投合(と私は思ってるんだけど大丈夫?)、
休職中もメールやブログのコメントなどでいろいろ支えてくれた女の子です。

社会人の大学オケ経験者が中心となって立ち上げた団の第一回定期演奏会で、
日時と、場所はすみだトリフォニーホールということしか事前には知らなかったのですが、
すごーくよかったです。

もともと難曲をレベル高く、満足いくような演奏をしたいというコンセプトで集まったのだそう。
プログラムを見るに、団員もおそらく吟味して、この人に!という人にお願いして入ってもらった感じのようです。
初回からこのホールというのもすごいです。

ただ、マニアックかというと、曲目も「あ、聴いたことあるかも」というのあり、メインステージは、この曲をやるために団を結成したと書かれていたチャイコフスキーの交響曲第四番だし、演奏はものすごく上手だし、圧倒されつつ、とても充実して満足した2時間でした。

アンコールで「くるみ割り人形」の「花のワルツ」(絶対どこかで耳にしたことがあるはず)を演奏してくれたのですが、勝手に涙がでました。
確かにこの曲、ナマで聴いたのははじめてかも。

興味のあるかた、きっと第二回定演もあるはず。さらなるパワーアップを経て。
「Sinfonia Zubrowka(シンフォニア・ズブロッカ)」http://sound.jp/sinfonia_zubrowka/
というオーケストラです。

社会人をしながらこういう活動するという大変さは想像できます。
私は大学四年間混声合唱をやってましたが、同期が社会人の合唱団を立ち上げ、夏には早くも第三回定演があります。
定演にはいつも行っていますが、行くと歌いたいなあという気持ちはおきつつも、安易に「羨ましい」と言っては悪いなあと思います。

だって、すごく大変だと思うから。
私は、今の職種では特に、土日どちらか出勤することが多く、それを練習がないほうの日に調整したとしても、残った週末のお休みが練習になってしまうのは難しいなあというのが一番大きな理由で、入れてもらっていないのですが。

そういう苦労はきっとこのオケの人たちも抱えながら、この演奏。
ほんとにすごいと思いました。

ちなみに、彼女がこの演奏会をなぜ見つけたかと聞いたら、SNSのmixiに人気マンガ「のだめカンタービレ」のコミュニティがあり、そこで紹介があったから、とのこと。
このマンガは、マンガをほとんど読まない私が全巻+企画本も含めそろえている稀有な作品(マンガ自体は超有名だけど)で、そのことも私が合唱をやってたことも知らない友達が誘ってくれたのは、またびっくりでした。

久々に錦糸町に行ったら、かなり駅前の開発がすすんでいました。
前回トリフォニーホールにいったときにはなかった商業施設でお茶をして、
入っていた雑貨屋で少し買い物をして(この時間もたのしかった)、帰ってきました。

桃蔵ちゃん、ありがとね★
会社に戻ると、桃蔵ちゃんも同じところで働いてるんだって思ったら、少し復職のこわさが減ったよ。
[PR]
by montblanc1201 | 2006-05-05 07:06 | ART